サイコトリア ヴィリディス サイコトリア アルバ Psychotria Alba
サイコトリア・アルバ(Psychotria Alba)

茎の感じはアルバっぽいけど、成長スピードとかはヴィリディスっぽい。花が咲くまで待つしか無い。関東圏野外で育成可能!冬の地植えは流石に無理そうとの報告も!もう少ししたら何本かある一本を10号鉢が空きそうなので移動予定。


サンペドロ サボテン 青緑柱 Trichocereus Peruvianus Peruvian Toach
Trichocereus Peruvianus/Peruvian Toach

15cm位あるトゲの少ないペルヴィアンを、来年の1mサイズ様に、菊鉢8号鉢に5本づつ植え付けたところ!菊鉢は底が全面網に成っていて水捌けが良い。スリット入りのもある。形もズン胴で安定も良いです。青緑柱と言う名前の通り、既に下から青く成って来ています。良いサイン!2022/0515


Psychotria alba(サイコトリア・アルバ)
サイコトリア・アルバ

Psychotria alba(サイコトリア・アルバ)ヴィリディスとは兄弟分のアルバ。日本の気候でも野外育成が可能です。ポテンシャルはヴィリディスの半分と思われます。


青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)
青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)

室内テント中はキリンウチワに挿し接きの繰り返しw


ハワイアン・ベイビー・ウッドローズ
ハワイアン・ベイビー・ウッドローズ

Hawaiian Baby Woodrose(ハワイアン・ベイビー・ウッドローズ)は2種類あります。左が一般的なネルボサ。右がスペシオサ。スペシオサのほうは茎や葉全体に毛が生えています。ネルボサの方は全くありません。根元が木質化してきます。インド産も聞かれますが、イポモエア種の亜種だと思われます。
★ Argyreia nervosa ver. nervosa
★Argyreia mervosa ver. speciosa(根がアーユルヴェーダで薬用利用の歴史がある様です。)


San pedoro Trichocereus pachanoi サンペドロ  トリコセレウス パチャノイ 多聞柱(アムステルダム種子実生株)
多聞柱(アムステルダム種子実生株)

オランダ種子からの繁殖です。実生株なので、根元が細いです。棘は成長共に無くなって来る品種だと思います。


San Pedro サンペドロ トリコケレウス属 子株栽培
トリコケレウス属・子株栽培

様々なトリコケレウス属の、野外での子株育成です。どんな水より雨は成長を助けます。不思議!


輸入鳥羽玉(ペヨーテ)ロフォフォラ・ウィリアムシー
輸入鳥羽玉(ペヨーテ)

オランダはアムステルダムから輸入したロフォフォラ・ウィリアムシー・カエスピトーサです。子供が一杯出る品種です。


多聞柱(トリコケレウス・パチャノイ)サンペドロ
多聞柱(トリコケレウス・パチャノイ)

アメリカでは“PC”と言ってPachanoiの略では無いです。ある1種類のパチャノイが出回ってしまい、アメリカの90%がそうだと言います。若しくはそれ以上!同じ株のクローンですので、花が出来ても交配しません。この写真の品種によく似ていますが、こちらは違います。もう少し棘があって、周りがギザギザした感じの見た目です。1度アメリカ人のコレクターに確認して貰ったら、この写真のには似てるが違うと言っていました。


トリコケレウス・スパチアナス Trichocereus spachianus
トリコケレウス・スパチアナス

Trichocereus spachianus、海外圏ではスパッチの愛称がある。トリコケレウス属の多聞柱や青緑柱の仲間。強く刺さる様な棘では無いけど、全体に棘があるので、扱い難いところもある。ドッシリ太く成ります。似た品種が多く、間違えて売られている事も多々!ロビビア交配品種とかソレンシアとかそっくり。全体黄色がかった黄金色の棘が有ります。


鷹翔閣(Trichocereus tacaquirensis)サンペドロ
鷹翔閣(Trichocereus tacaquirensis)

このトリコケレウス属タカキレンシスも、国内ではまず見かけません。閣と付くサボテンは、丸型に近いサボテンの名前に使用されますが、こちらは柱サボテンです。最初に横に太く成り、その後に縦に伸びていきます。


青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)サンペドロ
青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)

棘の短いタイプの青緑柱の子株育成!


天守閣(トリコケレウス・ブリッジェシー)Trichocereus Bridesii サンペドロ
天守閣(トリコケレウス・ブリッジェシー)

Trichocereus Bridgesiiです。なる程柱等のモンストは非常に成長が遅いのですが、この柱サボテンの正常な形だと、とても成長が速い品種です。肌は弱く鳥羽玉のディフューサに近い明るい緑色しています。国内でも見かけ無いレアサボテン!


ハワイアン・ベイビーウッドローズ Hawaiian Baby Woodrose
ハワイアン・ベイビーウッドローズ

Hawaiian Baby Wood Rose ver nervosa(左)とver speciosa(右)です。ネルボサは茎にも葉にも毛が生えません。根元からどんどん木質化しています。スペシオサは葉に線が有り、茎にも薄すら毛が覆っています。この植物の方はかなり間違えて販売されています。2年位して根元が木質化してからでは無いと花は咲きません。


大稜柱(トリコケレウス・マクロゴナス)サンペドロ
大稜柱(トリコケレウス・マクロゴナス)

トリコケレウス属の中でも棘が鋭い方です。所々に生えます。子株は根元から出て来ます。国内では殆ど見かけ無い品種です。間違えた掲載が多いです。


青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)接木サンペドロ
青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)

成長を促進する為に、キリンウチワに、どんどん接木していきます。


スーパーペヨーテ 鳥羽玉X多聞柱 接木 サンペドロ
スーパーペヨーテ 鳥羽玉X多聞柱 接木

多聞柱に鳥羽玉を接木して成長速度を速めました。多聞柱が少し細かったのですが、やっぱり凄いパワーあります。


青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)サンペドロ
青緑柱(トリコケレウス・ペルヴィアヌス)

棘の短いタイプの青緑柱、ペルヴィアントーチです。名前の通り青と緑のコントラストですが、棘がそれ程伸びず、扱い易いですね。太くするのにテクニック要らずです。


アザミゲシ(Mexican Poppy・Argemone mexicana(アルゲモネ・メキシカーナ)
アザミゲシ(Mexican Poppy)

採れたての種子でも発芽率は良く無い品種です。メキシカン・ポピーと呼ばれていて植えても良いケシです。メキシコ等では薬用利用が有る様です。葉に棘があり、刺さると返しが有る様で気を付けて下さい。英名:Argemone mexicana(アルゲモネ・メキシカーナ)


ヤマハギ(Lespedeza bicolor ver. japonica)
ヤマハギ(Lespedeza bicolor)

ミヤギノハギやダルマハギ等様々な品種がありますが、このJaponica種は海外でも有名で欲しい方が多い品種です。


相思樹(アカシア・コンフサ) acacia confusa
相思樹(アカシア・コンフサ)

歌にも成っている有名な樹木です。日本、海外とも染物に使用します。赤い綺麗な色が出ます。メキシコではスクラブの使用も盛んでした。冬に関東周辺は外では育成は難しいかもしれません。1年半で2m近くに成ってます。大きな菊鉢の10号に移動させて、冬は部屋で管理しています。


スーパーペヨーテ(多聞柱X鳥羽玉)サンペドロXペヨーテ
スーパーペヨーテ(多聞柱X鳥羽玉)

多聞柱(トリコケレウス・パチャノイ)の上部に鳥羽玉(ロフォフォラ・ウィリアムシー)を接木。スーパーペヨーテと言う言葉を造ったのは“黒野忍”さんかな?!


多聞柱(トリコケレウス・パチャノイ)サンペドロ・柱サボテン・多肉植物
多聞柱(トリコケレウス・パチャノイ)

ボディの色が明るい緑色で、皮膚が少し弱いです。太く成る利点がある品種です。札落ちしてますが、エクアドルのパチャっぽいです。

これより前の記事はそれぞれの植物のところに振り分けています